Archive for 4月, 2014

時代が違うから、その所為でしょう

金曜日, 4月 25th, 2014

 

 

『朗読サロン』の準備で

「忠臣蔵」

赤穂騒動のあれこれを読んでいます。

 

どうしたことでしょうか、

このところ、日々自分の勢いが弱まっているような気がします。

つまり、意欲がなえてきているようです。

 

いわゆる忠臣蔵に登場する様々な人々、とりわけ

武士(赤穂も上杉も幕府もすべて)の

圧倒的な存在感と「義」の世界に

時代を超えてわたくしは「涙する」のですが、

 

自分がなんと小さな人間であるかを

思い知らされるのも事実です。

そのギャップをどうのりこえるのか?

 

大きな大きな課題を背負ってしまっていることに

改めて気づきました。

厳戒の都心に夕陽が沈む

水曜日, 4月 23rd, 2014

DSCF1349

なにやら

「厳戒」という

ことばが

テレビニュースから

たくさん

出てきました。

 

オバマ米大統領の来日

その警戒が、今夕から厳しく行われています。

今日は銀座に出るのはやめました。

ひとり

「忠臣蔵」の朗読練習に浸ります。

5月の復帰第一回朗読サロン、がんばろう、

NPO会員のみなさん、友人と一緒に

きてくださいね。

DSCF1347

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

四月二十一日、月曜日、本格スタートしました。

火曜日, 4月 22nd, 2014

 

手術から20日、昨日は初の外来診察日です。

着実に回復を感じていますが、やはりお医者先生の

一言を聞いて安心したかった。

 

予想通り順調安定しているとの診断にDSCF1345

本当にホッとしました。

 

気が付けば、四月ももう20日たったのです。

先生の一言に背中を押され、

 

夢に描いていた「70代」のスタートです。

まずは、毎月一回の蔭山武人朗読サロン

5月下旬第一回は

 

やはり、生涯のテーマ 『 義 』DSCF1341

 

 

 

 

生まれ変わった・・・・明日への希望の夕陽

水曜日, 4月 16th, 2014

 

 

2014年春の夕日が美しく 新宿の空に沈みました。

2014,0416夕日

 

十年間、大学教員として過ごした広島を離れ、

東京に戻りました。

思い返せば、体調不良の時もかなりあって、周囲の皆様に

ずいぶんご迷惑をおかけしました。

 

ことに今年に入ってからは次々と病がみつかり、

ついに癌の手術まで至りました。

 

ようやく社会に復帰し、改めて「生きていること」の

素晴らしさに目覚め、いまはすべてがバラ色に見えます。

 

この間、支えてくれた皆様にこの場を借りて心よりの感謝を申し上げます。

 

さて、余分な悪いものを体内から追い出したせいでしょうか、

本当に生まれ変わったように、ファイトあふれる人間になり

自分でも驚くほどです。

 

半年ぶりの更新、ちょっと恥ずかしくおそるおそる・・・・デス