Archive for 11月, 2008

広島朗読教室

日曜日, 11月 30th, 2008

これは11月27日夕方の「二重虹」 幸せの到来?!

週末に虹が 二重になって 出現してくれました。嬉しかったので アップ

さて、今日30日は私も休日です。もう明日から今年最後の「月」・・12月になりますね。

明日12月1日は広島の朗読教室があります。会場はRCCカルチャーセンター、「個性が輝くあなたの朗読」です。

読書の好きな方、とりわけ、声に出して読むことに興味のある方、朗読で自己表現をしたい方に、参加をお勧めします。

毎月第1第3の月曜、午前10時から正午、現在の受講生は、6人、個性を表現できる朗読を目指して、それぞれ奮闘中です。

今のテキストは、織田作之助の「蛍」、江戸末期の京都伏見、船宿「寺田屋」の女主人の物語です。そう、あの寺田屋事件も出てきます。当然坂本竜馬も登場ですね。

朗読の基本は、相手に内容を伝える、というコミュニケーションです。そのための工夫は必要です。でもそれは技術ではなく、その作品をどう理解したかにかかっています。

その理解をよりよく伝える(演出)としての「表現方法」の勉強でもあるのです。

さて、明日は、「蛍」を取り上げた第三回の講座です。受講生の精進を楽しみに、教える立場としては、「わくわく」しています。

以下のアドレスで講座の詳細をご覧いただけます。興味がありましたら、ぜひ問い合わせてください。

http://www.rccbc.com/

朝霧

火曜日, 11月 25th, 2008

 朝7時半、自宅のカーテンを開けてベランダへ出ると外は一面の霧でした。自宅は街なかのマンションの12階です。眼前近くにいつも見える広島城やら広島一の高層マンションやら、民間放送局のビルに建つ高いアンテナなどが、全く見えません。

濃い霧で向かいのビルも見えなくなりました

濃い霧で向かいのビルも見えなくなりました

眼下を見下ろせば、交差点の車がやっと見える程度でした。

ライトを点灯している車もあります

ライトを点灯している車もあります

 霧は幻想的な景色、風景を演出するものですが、今朝の霧は「新しい世界」を呼び込んでいる生き物のように思えました。霧に人格はないのでしょうが、健気になにか「良いもの」をそっと据えていこう、としている生き物のようだったのです。

 永井路子さんの作品「山霧 毛利元就の妻」を読んだことがあります。「霧の中に一点の光がにじんだ。」ではじまる物語では、主人公毛利元就とその妻おかたにとって、霧は晴れなかったように思われます。

 でも、寝起きで、半分夢の世界にいたから感じたのかも知れませんが、私にとって今朝のこの街の霧は、その向こうに明るい何かが見えたようで、ほっとした気分になれたのが一寸嬉しくて。

なぜでしょう?

 

吉祥寺での朗読会

月曜日, 11月 24th, 2008

広島経済大学(HUE)メディアビジネス学科には学科の公式ブログがあります。教員がリレー形式で学科のあれこれを綴っています。今週、私の「当番」です。今週の金曜日まで一週間が蔭山武人の担当週です。よろしければ訪問してください。

さて、言遊会メンバーによる「60歳のラブレター朗読会」がこの冬も実現します。住友信託銀行吉祥寺支店のアシストにより、支店の小ホールを貸して頂き、開催します。年一回の開催が、もうこれで3回目になります。

1月23日(金)午後2時開演です。例年通り二部構成で、第一部で60歳のラブレター、第二部では様々な作品を朗読することになります。一部と二部に両方登場する意欲的なメンバーもいます。

この朗読会は言遊会メンバーの、自発的、自律的取り組みによるもので、今回の世話人の一人であるさいたま教室のTさんから先週金曜日に「日取りが決まりました!」という喜びのメールを携帯にもらいました。

金融業界では、このところあれこれ慌ただしい状況であったと推察します。そんな中、例年通りの会場使用を決定していただいたことで、ほっとしました。改めて、関係者の皆様にお礼申し上げます。

2008年11月18日(火) 猪と鹿のレシピ

火曜日, 11月 18th, 2008

安芸高田のお医者さん、K先生と久しぶりに食事を共にする機会がありました。その席で、猪と鹿肉を頂戴しましたが食するには作法があるようで、そのレシピをお願いしたところ、昨日「速達」で送ってくださいました。安芸高田は昨年秋、市のホール杮落し講演で、「毛利元就」の朗読をさせていただいたところで、送ってくれたのはその時面識を得て親しくなった眼科医のK先生です。実に洒脱な方で、ユーモアあふれる著書もお書きになっています。

K先生「山には、猪や鹿もいますが、いいゴルフ場もあります。春になったら、ゴルフをやりにいらっしゃい」 蔭山「100を切ったことが一度もない、とても下手ですから、ちょっと・・・・」 K先生「私も似たようなものです。手も足もフルに使って、やりますから」 「では、またご連絡しましょう」

というわけでなにやら約束のできたような、そうでもないような雰囲気ですが、いつも酒の会ばかりではからだに良くないかもしれないので、今度は健康的に体を動かす会にしようかと思います。K先生、どうぞお手柔らかにお願いします。

2008年11月13日(木) 秋の大学

金曜日, 11月 14th, 2008

11月半ば、月は満月のようです。 大学祭もおわり、4年ゼミ生は卒論の仕上げに頑張ります。3年ゼミ生は、就職活動のスタートを切ります。2年生は、3年生から4年生にかけてのゼミの選択に頭を悩ませ、将来を思います。そして、私自身は新年度(来年四月から)の準備に取り掛かります。季節が半年後をめざして動き出したという感覚がします。

ブログを始めました

水曜日, 11月 12th, 2008

2008年11月11日深夜です。書きたいことも溜まってきたし、余裕もできたので、発信したいという気持ちも高まってきました。ブログという「かたち」がどこへ向かっていくのかよくわかりませんが、まずは、始めてみなくてはといった気分です。日付は12日に変わりました。